省エネルギーと健康の関係研究会

生活リズム

私が睡眠・健康に関して心掛けていることは、「生活リズム」です。「生活リズム」を崩すと、体内時計が狂ってきて、いろいろなところにガタが来ます。私は、夜眠れなくなったときには無理して寝ないようにしています。ただ、寝る時間がバラバラでも、起きる時間は同じにして、体内時計は狂わないように心掛けています。

眠れない時間

眠れない原因としては、身体の緊張と脳の緊張があると考えます。やはり日々いろいろなストレスの中で過ごしていると、そのストレスが原因で眠れないときがあります。意識的に寝ようとしても、やはり眠れないわけで、そういうときは目を閉じているけど、寝られなくても構わないと考えています。どうせ、後から帳尻合わせで眠くなるからです。眠れないと思いながら、無理に寝ようとしても、逆に目が冴えてきてどんどん眠れなくなってしまい、悪循環が続いてしまいます。ですので、無理に寝ようとせず、目はつむりますが横にはなっているだけの状態でいます。これだけでかなり体力が回復すると考えています。

やはり、夜眠りについても、いろいろと考え事をして、寝つけないことが多々あります。身体は疲れているはずなのに、寝られないときがあります。こういうときは、音楽をかけたり、温かい飲み物を飲んだりしますが、眠れないときは何をやっても眠れません。開き直って本を読んだり、テレビを見たりして眠くなるのを待つほうが気持ちは楽になります。眠れないという事態をあまり重く受け止めず、「いつかは眠れる」と考えて明るく過ごすことが大切だと考えています。でもやはり睡眠が大事であることには変わりません。

原因

眠れない原因としては、「ストレス」、「運動不足」、「体内時計の乱れ」などがあげられます。これまで、眠れないときはいろいろと音楽、飲み物、食べ物など試してみましたが、眠れないときは何をやっても眠れません。最終的には、「いつかは眠れる」と考え、楽観的に考えています。現代のストレス社会、やはり眠れないときはあるわけで、そういうときは無理して寝ないようにしています。

体温と室温

夏よりも冬の方が眠らないことが多いので、やはり室温は大切だと思います。
室温が基礎体温に大きくかかわっていることもわかってきているので、今度の冬は、きちんと暖房してみようと思います。
暖房するとお金がかかりますが、エアコンだったらそうでもないそうです。
省エネに気を使いながら健康になったらいいですものね

注文住宅を建てた時に考えたこと

私が注文住宅を建てる時にまず考えたのがどうしたら良い家になるかという事を一番考えました。
なぜなら、注文住宅を建てても必ずしも良い家になるとは限らないと思ったからです。

それで私はどうしたら良い家になるか考えて色んな住宅を参考にして良い部分を取り入れるという事を考えました。その結果自分こだりがある部分と参考にした家のアイディアを融合できました。

家族も考える事の良さ

注文受託を建てる時に家族のアイディアも取り入れる事でさらに満足度の高い家になったと思いました。
最初は私だけが考えた家にしようと思っていたのですが、それだけでは完全に良い家にならないと思ったので家族のアイディアも積極的に取り入れました。

注文住宅は大変だったが建てて良かった

注文住宅を建てるのは思った以上に大変でした。
特にそう感じたのがどういう家にしたら良いかアイディアをまとめる事に苦労しました。

ですが、それだけ苦労はあっても注文住宅を建てた意味はかなりあったと思いました。
その一番の理由は自分も家族も大変だったことで家にかなり愛着を持つようになったからです。

㏚|健康マニアによる無病ライフ
女性向けエステ.com
マッサージのリアル口コミ.com
住宅リフォーム総合情報
英語上達の秘訣
英語上達の秘訣
ダイエットチャレンジ
AGAでお悩み解決
エステサロンを上手に利用する情報サイト
健康に役立つ口コミ情報